非営利型一般財団法人 日本ユースホステル協会ホームページへようこそ!

特集 世界で活躍する日本人スタッフ③

カナダとアメリカの国境にあるナイアガラの滝には、迫力ある絶景を求めて世界中から観光客が訪れます。 そんなナイアガラの滝に最も近いユースホステル、HI - Niagara Fallsにはワーキングホリデーを利用して働く日本人のスタッフがいます。 「ワーキングホリデーを利用する人の主な目的は、英語のスキルアップだと思います。そういった面では世界中からゲストが集うこのユースホステルは、これ以上ない環境だと思います。」

HI - Niagara Falls
  • 4549 Cataract Avenue, Niagara Falls (CA), Ontario, L2E 3M2, Canada
  • Tel. 1 905-357-0770
  • info.niagara@hihostels.ca


  • 吉澤里絵子さん(カナダ HI - Niagara Falls)
    三重県出身の吉澤里絵子さんは2ヶ月前からHI - Niagara Fallsで、予約の管理やチェックイン/アウト、ゲストからの問合せ対応などを行うフロントスタッフとして活躍しています。
    「カナダは移民の多い国なのでネイティブのような流暢な英会話力までは求められませんが、勤務中フロントは一人体制なのでいくつかの業務を同時に行ったり、臨機応変な対応が求められます。『英語がしゃべれない』という言い訳が出来ない緊張感が英語力を伸ばしてくれると思います。」
    一緒に働く同僚もカナダ人、メキシコ人、ドイツ人、エジプト人など出身は様々。休みの日は自転車で近くを散策したり、ゲストと一緒に遊ぶこともあるのだとか。
    「勤務時間は平均して週30時間ほど。住み込みなのでアパート代がかからず、朝食も付いているのであまりお金は使いません。 スタッフルームは一部屋を他の同僚とシェアすることになります。部屋には基本誰かいるし、ホステル内にも常に誰かいるので、プライベートの時間は少なくなると思います。ユースホステルにあるレンタサイクルが乗り放題なので、自分の時間が欲しい時はサイクリングしたり、図書館に行ったりするのもオススメです。ローカルの人はとっても優しいし、自然が大好きなひとには特にオススメです。逆に都会で過ごしたいひとには少し退屈かもしれません。」
    海外のユースホステルで働く~求められるスキル~

    HI - Niagara Fallsでは吉澤さんのようにワーキングホリデーを利用して働く日本人のフロントスタッフを募集しているとのこと。 吉澤さんに求められるスキルを伺いました。
    「とにかく毎日いろんな国籍・年代や様々なバックグラウンドの人に会えて、英語力も確実に伸びて、お金も貯まる、私にはこれ以上ない仕事です。 『英語が話せて当たり前』な環境なので、中級以上の英語でのコミュニケーション能力は必須です。10代後半から30代のゲストが多いので、ホスピタリティがあってフレンドリーなコミュニケーションがとれる人が向いていると思いますが、マネージャーのエジプト人は面倒見も良く、チームワークもしっかりしているので、少しずつ仕事には慣れていけると思います。」
    吉澤さんは帰国後の2017年に大阪でホステルをオープンする予定とのこと。HI - Niagara Fallsでの経験がきっと活かされていくのでしょうね。
    HI - Niagara Fallsのスタッフ募集に関するお問い合せはHI - Niagara Falls 担当:Salomè Torres salome.torres@hihostels.caまで。

    ※掲載情報は2016年5月時点のものです。情報は予告なく変更になる場合があります。

    お問い合せ
    メールアドレス*
    確認用アドレス*
    お名前*
    お電話番号*
    お問い合せ*
    *は必須項目です。
    ▲PAGE TOP